1. ..
--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'09.19.12:27

アイ,ロボット I,Robot (04年米)

『アイ,ロボット I,Robot (04年米)』

監督:アレックス・プロヤス
脚本:ジェフ・ピンター
出演:ウィル・スミス
    ブリジット・モイナン
    アラン・デュディック
    ジェームズ・クロムウェル他

この映画は公開期間に劇場で見たので、実に四年ぶりに見返す映画です。
出演のウィル・スミスについては語ることはありませんが、
脇役で登場するシャイア・ラブーフに注目して、
彼が2004~2009年までに演じてきた他の『機械と人間の戦いや共存』を描いた映画。
トランスフォーマー
イーグル・アイ
等で活躍している役と比較して観ると、なんとも感慨深い成長映画に観えます。


さて、
物語の舞台は、西暦2035年のシカゴ。
新型ロボを開発したUSロボティクス社(U.S.R.)は次世代家庭用ロボットNS-5型
その発売を発表するも開発者の死で発売が遅れしまう。
冒頭に登場し、スプーナー刑事(W・スミス) に追われる
旧式の紫色をした旧式ロボと全身紫ファッションの持ち主。
皮肉にもロトが当たりスプーナー刑事の祖母に、送られた金メッキの施された新型ロボ。
そして、U.S.Rのシンボルとして立つ巨大なオブジェと小さなオブジェ。
踏み出す一歩の先に見える未来とはなにか?
展開されていく物語の繫がりの繫がりに隠されたヒント。
それぞれの人物のが、託した思いやメッセージを解く先に見える結末とは、、、


機械との繫がり方や距離感の問われる現代で人との中の間と書く仲間とは何でしょう?
そんなヒントを貰えた様な映画でした。
さてさて、秋の実りと思いを胸に何処かに閉まった筆と便箋を取り出し、
連休に旧友にや家族に手紙でも書こうかな?

そんな過ごし方もいいかと思いました。
スポンサーサイト
映画鑑賞トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
Copyright © パンケ日記. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。